雲南省概要
中国西南の果て、南はラオス、東はミャンマーと国境を接する雲南省は、亜熱帯気候の恵まれた気候風土と、そこに住む少数民族の人々の明るく素直な人柄とによって、世の旅する人の心を刺激するだけでなく、日本人にとっては、人種的ルーツの発生地ではないかという学問的見地からも大きな興味が持たれている。事実、雲南の各地を旅行していると生活・風習・人相から言葉に至るまで、あまりに日本人と似ていることがあるのに少なからず驚かされる。

云南全図雲南省の面積は38万k?、人口が3885万。漢族、イ族、ペー族、ナシ族、ハニ族、タイ族など26の民族があり、中国で民族が一番多いところである。山地が多く、全省面積の84%を占めている。照葉樹林と 言われる常緑樹のシイ・カシ林に生まれる照葉樹林文化が少数民族の暮らしの中に認められる。もちを食する点や、漆器を用いる点、納豆やコンニャクといった食べ物も見られ、日本の照葉樹林文化とのつながりが指摘されている。

雲南省の古跡 気候は亜熱帯──熱帯高原湿気気候に属する雲南省は、横断山脈と無量山脈の頂きを境に東西には全く異なる動植物が棲息しておりまた標高により亜熱帯性気候、熱帯性気候、寒帯性気候などあらゆる気候が存在し、品種多数の動物、植物の成長、繁殖に優遇な条件を提供した。植物が約15000種、動物が約250種、鳥類が766種も生息しているから、雲南省は「動植物王国」と呼ばれている。北には、高さ6740mの梅林雪山があり、南には熱帯雨林に属するシーサンパンナが存在する。

云南温度図 雲南省は日本人のルーツ、少数民族の宝庫、「動物の王国」「植物の王国」「非鉄金属の王国」など、様々な観点から取り上げらる事が多いいため、中国では比較的名の知られた省になっている。そんなイメージのために、秘境、辺境として取り扱われがちだが、1999年の花博、最近の西部大開発によって大きく変貌した。また、貧困県の一つであったが、ここ数年来観光に力を入れ、少しずつ豊かになり始めている。他省と比べると、山がちな地形のため、交通の便に問題があったが、遠隔地とは飛行機が結ばれ、近隣とは高速道路が繋がり、道路が整備され便利になった。また、ベトナム・ラオス・ミャンマー・タイとの国際線も開け、中国人観光客の出境地としても注目されている。

云南民族地図 旅行をする際も、中国唯一すべての地方が開放地になり、手続き上も非常に便利になった。観光地も豊富にあり、古くからの観光地としては奇怪な岩峰群のある石林、シーサンパンナ(西双版納)と呼ばれる南部、大理国で有名な大理、1997年に世界遺産になった麗江、2002年には香格里拉(シャングリラ)と改名した中甸、ラサに行かずとも標高3300mほどで体験できるチベット風情、シャクナゲを代表とする花、雪山等の自然がみどころだ。その他、雲南省の最高峰としてもチベット族の聖山としても名高い梅里雪山を擁する徳欽、多くの火山を持ちミャンマーの国境沿いに位置する騰衝、棚田が織りなす牧歌的な風景が美しい元陽が注目されている。またベトナム・ラオス・ミャンマーへと陸路で国境越えをするのも面白い。日本にない陸の国境を体験することが出来る。ラオスへは長距離バスも走るようになり、アジアハイウエーの構想も進んでいる。またタイ・ラオスへはメコン河を船で下ることも可能になった。

アジアの大河長江(金沙江)、メコン(瀾滄江)、サルウイン(怒江)が流れ、25の少数民族を抱える雲南省。まだまだ隠れた観光地は多い。さあ雲南へ。

大理古城

 大理観光のメイン。城壁に囲まれた古城内では、お土産屋はもちろんりますが、麗江のように完全に観光テーマパーク化されたわけでなく、普通の地元の人の生活空間と混在しています。洋人(外人)街という名の通りにはお土産屋やカフェが並び中国語が話せなくてもあまり困ることはないでしょう。日本人も多く来るため、洋人街とその周辺には日本食レストランも数軒あります。

金梭島

 古城からみて湖の対岸にある金梭島は今も昔の白族の素朴な雰囲気を残す場所。ここも見所があるわけではないですが、独特な白族料理を食べたり、町並みを散策するのが金梭島の歩き方でしょう。

 大理古城近くの船着場から乗れるほか(20元)、下関の湖岸からも、湖岸の様々な場所に立ち寄るツアーボートが出ています。

 
大理「だいり」大理ぺー族自治州は、雲南省の西部に位置する。総面積は29459平方キロで、その内?海の面積は280平方キロ.ー帯は山岳地帯で、平地は全州面積の15%に過ぎず。標高高い所は海抜4298m、低い所は海抜730mしかない。總人ロ約327万で、少数民族50%占ており、ぺー族は總人ロの1/3を占める。ほかにはチべット族、ミヤオ族、回族など13の民族が暮している。年間平均降水量は1000mmで、平均気温はl5℃です。もッとも寒いのl月で平均気温は9°C。最も暑いの7月で平均気温は19℃。気侯は穩やかだ。大理には4000年前から人間が暮していて、戦国時代には黄河流域の移民が流入して人口が増大した。後、紀元前109年漢の武帝はここで葉楡県を設置した。7世紀には蒙舎詔(詔は部落の意味)、施浪詔など6つの少数民族部族が互いに勢力を競っていたが、そのなかで蒙舎詔の勢力が強まり、ほかの6つの部族を統ーして、『南詔国』をつくった。『南詔国』は唐王朝に支持されて、738年に本拠地を大理に移して太和城を築き、皮邏閣王は唐王朝の玄宗皇帝によって雲南王に封ぜられた。この時から大理が雲南エリア政治、文化、経済の中心となった。937年には段恩平が東から大理に攻め込んで城を占拠し、『大理国』を建国した。1253年になると(元の時代)、フビライ汗率いる12万のモンゴル軍が雲南に入り、大理を攻め滅ぼし、大理国は23王318年で滅亡した。その時から,元王朝は行政の中心地を大理から昆明に移した。大理の栄華は500年余りで終ることとなった。 大理ぺー族自治州はもちろん白族(ペー族)が多く住んでいるエリアで、彼らの伝統文化が色濃く残っている。ペー族派シナ・チベット語糸のペー語を話す。白色を最も貴い色としているため衣装も白色をベースにしている。 大理ではペー族の祭が多く、旧暦の1月から9月の間に30以上の祭がある。例ば:三月街(旧暦3月15日-29日)、繞三霊(旧暦4月23日-25日)。 大理市は、大理古城(昔の県城があったところ)と下関(今の新しい市街地)という2つの中心がある。三塔や古城壁がある古城が観光の中心で外国人観光客になじみが深いが、行政の中心は下関で、大きなバスタ―ミナルや鉄道駅、デパ―トなどはすべて下関にある。 また、大理は歴史の街だけではなく風光明媚なところとしても有名です。東に?海に面し、雲嶺横断山脈に属し海抜3000m以上の19の峰を連ねる、主峰馬龍峰は海抜4122m、その峰の間から18本の渓流が流れる蒼山の麓にある。上関の花、下関の風、蒼山の雪、?海の月、は大理の美しい風景を表現する代表的なフレーズです。 

日本人は雑種である

 以前、モンゴルを旅したときも、日本人と顔立ちの似ている人々ばかりで、日本人の故郷がここにあるのだろうと思ったりした。
 この度、ベトナム、雲南と旅をしたが、これもまた日本人と似ている人たちばかりで、教職についている私などは、あれは、○介に似ているだとか、○美と○子にそっくりだなどと教え子にたとえたりして、一人ほくそ笑んでいた。

 このように近隣アジア諸国を旅すると、日本人は雑種であるという、当たり前の実感を得る。そして、ユーラシア大陸にへばりつくように、ポツリとただ小さくある日本列島を俯瞰して、ナショナリスティックに、近隣国を敵視しながら、なんらかの誇大妄想を膨らませても仕方なかろうなどと思えてしまう。
 
 柳田國男が、伊良湖崎に流れ着いた椰子の実をみて、日本人も黒潮に乗って南方からやってきたのではないかと類推したのは有名な話であるが、このようにして、あれやこれやと、日本人の起源を近隣国の人々の顔立ちや文化から類推するのは、楽しい。DNA鑑定などというものができて、科学的にも検証できる時代であるが、ただ頭の中で、各々の文化や顔立ちを根拠に、遥か昔の日本列島を夢想したりしてみるのは、よい思考の訓練になる。

 雲南を訪れた司馬遼太郎は、「古代以来、山谷に集落をつくって稲作をしている(雲南の)民族たちを、私どもは自在に選んで日本稲作文化の祖にしていい。」と述べているが、日本人は時期は違えど、北から氷の海を歩いて、南から海流に乗って、西から稲を携えてやってきた人々によって形成された雑種であることは、共通の認識になっている。

 こうした思考の訓練は、偏狭なナショナリズムを生まないためにも必要な作業であろう。私は、歴史の授業の最初に、お互いの顔を見させるということをよくやる。眉毛が太い人、細い人。一重の人、二重の人。丸い人、四角い人・・・こんなに顔が違う国民も珍しい。さぁ、私たちは、そしてあなたは、どこから来たんでしょうか。そんな感じで歴史をスタートさせたりする。「日本人はアジアの人々の雑種・混血である」ということを認識することは、アジアとの関係においても重要なことだと思う。
  
・ナシ(納西)族

 約29万人。(書籍や年度によって違うが、だいたい25万〜30万いる)チベット・ビルマ語群。麗江地区から四川省南部にかけて分布。雲南省に95%が暮らす。ナシとは「黒い人」を意味する。独特の象形文字を使うトンパ教を信仰することでも有名。

 トンパ教は厄除け、無病息災、人間や家畜の平安と豊作を願う事から生まれた原始宗教であり、自然崇拝、多神崇拝、先祖崇拝がその主な内容である。教義、戒律、寺院もなく、布教もせず、信者は生産労働から離れない。

 通い婚(妻問い婚)や夜這いの習俗があり、日本文化との共通点が指摘されている。
・ぺー(白)族
 
 約144万人。チベット・ビルマ語群。大理ペー族自治州に80%以上が暮らしている。民族名は、「白い人」の意味。3000年以上前から大理地区に住むとされる。イ族の建てた南詔国の後、ペー族の首領が大理国を建国した。19世紀の太平天国の乱ではペー族が蜂起したこともあった。

 雲南には漢族を除くと、25の少数民族がいる。そのため、雲南は「少数民族の天地」と呼ばれている。そのうち、私が出会った、2つの少数民族について紹介します。
 
 
参考(引用)文献 「旅名人ブックス 中国・雲南地方」(日経BP社)・「中国少数民族のむかし話」(求龍堂)・「雲南の少数民族」(日本放送出版協会)

 1956年、「滇王之印」と刻まれた漢代の金印が、昆明近郊、石寨山で発見された。紐は蛇。福岡県志賀島で発見された「漢委奴国王」と同類の金印である。

 かつて、昆明近辺は滇(テン)という国であった。昆明にある湖は滇湖と呼ばれ、地名に、その記憶を残している。

 雲南近辺に住む人々は、古代、「西南夷」と呼ばれ、蔑視された。彼らは、歴代王朝の侵略に度々遭うが、強烈な抵抗を続け、「中央」に屈服することはなかった。かの諸葛孔明も南征を企て、恭順に成功するが、経営のリスクを考え、領土化するまでには至らずに終わっている。ついに「中央」の手に落ちたのは、元代、13、4世紀になってからのこと。司馬遼太郎は、「街道をゆく 中国・蜀と雲南のみち」に、このことを、やや詳細に書いているが、抵抗を続けた苗族のことを「剽悍」と評している。



大理(だいり) * 大理ペー族自治州 - 中国雲南省の自治州。 * 大理市 - 雲南省大理ペー族自治州の県級市。 * 大理国 - 雲南地方を主たる領域として統治していた国家。 * 大理 - 中国の古代の官名。前漢に廷尉から一時改称された。"雲南旅行,観光,ガイド,情報,中国,海外,旅行,少数民族,現地ツアー,交通,宿泊,個人旅行,昆明,麗江,西双版納,大理,香格里拉,怒江,保山,昭通,曲靖,玉渓,紅河,臨滄,徳宏,思茅,文山,楚雄"

相互リンク希望の方は メールのタイトルを「大理ガイド 相互リンクのお願い」として、
☆を@に変えて下記までメール をお願いいたします。 mixisengokujidai☆yahoo.co.jp

COPYRIGHT(C) 大理ガイド All Rights Reserved.

Googleページランク表示ツール PagerankExplore